忍者ブログ
2017.03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 02月
next : 04月
はちゃめちゃ黒ラブメインに動物日記。
1 2 3 4 5 6 7 8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ソフィーは屋根に乗ることを覚えてしまいました。
日中は屋根が日光で温まり、そこが気持ち良いようで寝ています。




木の屋根ならまだしも、ステンレスの上に平気で乗れる犬は初めて見ます;


ところで、ペットシッターもどきの方の準備も少しずつ整いつつあります。
一番の進歩は、そうですね・・・




旦那に告白できたこと



でしょうか(笑)
と言いますか、

その後、旧姓を証明するものが不十分と言うことで別のものを提出しなければ
ならなくなり、結婚した時に婚姻届のコピーを旦那がとっていたなと思い出し、
旦那に、何の説明もなくただ一言「婚姻届のコピーあったよね?どこにあるかな?」
と、用件だけを旦那の携帯へメールを送ったところ、お昼時間に電話がかかってきて、
何か途轍もなく動揺したような口調で、開口一番「ど、どうするのそんなもの?」と、
何かとんでもなく違う方向でドキドキしていたようでした(笑)。

ですので、私が正直に言いましたら、何かほっとしたような様子で、
とりあえず動物取扱責任者のことはよくわからないままさらっと流してくれたので
結果良かったです(笑)

その日の夜説明しなおすことにはなりましたが。
どうやら旦那さんは、結婚前にそういう資格を取っていたと勘違いしていたらしく、
その更新で婚姻を証明するものが必要なのだと自分の中で解釈していたそうです。

そこで私も、特に旦那さんに何も突っ込まれなかったので(こわくて突っ込めなかったのかも?)、
その後、所得に関する法律など情報収集したり、窓口用に仕事専用の携帯電話を契約したり
していましたら、その様子を見て「本当にやるんだ!?」と今更ながらにびっくりしてました。

今まで何につけ相談していた私が勝手に行動しているのでこわかったのかもしれません^^;

私も勝手に行動するつもりはなかったのだけど、なりゆきでこうなってしまったんだよね;
そうしたらもう、前へ進むしかないではないですか。

と、いうことで。

規約も作り、カルテ様式も作り、ポスターも半分できているので、あと少しです。

拍手[2回]

PR

本日、頂いたメッセージのお返事あります!
(遅れてごめんなさいです!^^;)




関東に住んでいながら、吹雪を体験したのって初めてです

昨日は雪と暴風で吹雪ですよ。
クレスは散歩じゃないと用足ししないので、吹雪の中行きましたよ。
アレ・・顔に当たると痛いのね;;

当の本人は物凄いハイテンションで庭を駆けずり回っていましたが。

まぁそんな天候なので犬共は玄関暮らしなわけですが、
クレスが胸焼けして玄関で吐いてしまっていたので、今日は玄関掃除です。
昨日とはうって変わって晴天。

ソフィーはホースから出る水にハイテンション(笑)



コイツらは濡れると言う事がとことん好きらしい。

思わず写真に撮ってしまったけど、いい加減返してください(泣)


拍手[2回]



昔懐かしの、給食に出ている揚げパンの移動売店があるのご存知ですか?
たまたま立ち寄ったスーパーの駐車場で販売していて、思わず10本買ってしまった。

やっぱり揚げたては美味しい~。




黄な粉がこぼれるので、お子様には外で食べてもらっていました。
そのこぼれてくる黄な粉が犬たちのお目当て。

どうですか、クレス君?

黄な粉は美味しいですかい?





何ともその秀逸な表情が美味しさを物語っていますね(笑)


拍手[1回]




最初はそんなつもりは毛頭なかった。

それはほんのささやかな想いだった。


やっぱり宝くじにすがるのはやめよう、
地道にコツコツ働くしかない!それが手っ取り早い!

それだけだった。

それなら断然、ホームヘルパーが良い!
地域社会に貢献できるし、自立者支援のホームヘルパーなら話し相手になってあげれるし、
比較的勤務時間が短くても確実に稼げるし、と思っていたけれど。
今はヘルパーの資格がないと難しく、資格取得支援はフルタイム限定だったりで、なかなかない。

なら自分の勉強してきた分野で同じように地域貢献できないかな?

と思ったのがそもそものきっかけだった。

ここいらは高齢者が多いから、高齢者宅の世話が行き届かなくなったペットのお世話やお散歩、
ついでにちょこちょこっとお掃除とかなら、ヘルパー資格なくても良いんじゃないだろうか。
それに、飼い主の高齢化で世話ができなくなり、捨てられたり保健所へ連れて行かれたりする
ワンコやニャンコだってなくすことに繋がるのだし!

と、思ったのが甘かった。

今や、例えそれが個人でそうした仕事をするのでも、各自治体認可の動物取扱責任者であるか、
動物取扱業の登録がなければいけなかったのである。平成18年度からだったかな?
しかも、ネットでの金品が絡む里親譲渡でも、その類に属するなんて初めて知った。
それが例え謝礼という名のものでもダメなんだって。

しかし、動物取扱業なんて、まるでお店を構えるみたいでいくらなんでも全く考えてないし。
んじゃ動物取扱責任者ならどうだべ?そういったお店に雇ってもらうのに優位そうじゃないか。

ってんで、動物取扱責任者の認定資格を調べていたら、その認定条件の一つに、
動物関係の教育機関で1年以上の課程を修了している者、とあったので、
もともと3年の学校課程は修了しているし、民間だけど日本資格教育センターの「アニマルナース」、
「動物健康管理士」も取得しているし、どうなんだろ?もしかしていけるんじゃね?と思い、
窓口に問い合わせたら、「問題ないですね」とあっさりOKを貰ってしまった!
決め手は民間資格より、3年の学校課程だった。

「いつ来られます?」

と思いがけない言葉に、そんなにすぐ申請できるもんなんだ!と思い、
これはもう、また何か法律が変わる前に認定を受けておかなくては!などとせこい考えが生まれ、
「午後から行きます!」と後先何も考えずに馳せ参じましたよ。

そして窓口へ行くと担当の方が出てこられました。
別室へと案内され、認定に必要な卒業証書を見せ、
旧姓だったので婚姻の証明になるものを見せ、
認定・登録に必要な書類を渡され、



「はい、ここに事業所名書いて下さいね」





は?





「あと、個人と言うことなので事業所の住所が特になければ自宅で良いです」





へ?


あの、仰っている意味がわかりませんが?(激汗)

動物取扱責任者を申請するのは動物取扱業登録済みの者か、
もしくは動物取扱業登録申請と同一者らしい。(各自治体機関によって差あり)

しばしボーゼン。
担当の方が、「あの~事業所名は?」という声で我に返り、
事業所名ったって考えてあるわけないよっっ、というのは心の声で、
促されるままにしどろもどろになりながら適当に言っていた。
即席で。


「では2週間後、郵便で登録の案内が届くと思います」


私は、あれよあれよと担当の方が事務的作業をこなす間に、

事業を起こしてしまったのである。
それもたった数分で!

と言っても、個人だから何も大げさに騒ぐこたない。
資本金がどーのこーのとか、従業員がどーのこーのと無縁のものだ。
でもどうしよ・・・?

これから自分で顧客をとったりとか、
個人と言えど規約を考えたりとか、
色々、色々考えなきゃいけなくなっちゃったよ。

っていうか、





旦那に言ってない。



どうしよ~~~;;;;;;

そりゃそーだ。私だってまさか1日で思い立って事業所主になるとは思ってもなかったんだから;

拍手[2回]



うっわ; いつの間にか10日以上も経ってたんですね。
恐るべし年度末。

間が空いてしまいましたが、ソフィーもクレスも元気そのものです。

しいて言えば、ソフィーさんのトイレ教育は諦めました。
ヒートを迎えてから急にトイレで用足しができなくなってしまったソフィー。
先月、地道にトイレトレーニングをしていたのですけど、教えると2~3日はちゃんとできるのに、
2~3日経つとまた集中力がきれかたのように逆戻り。
ずっとその繰り返し。

その話を、旦那さんが警察犬の訓練士をしているママ友さんに言ってみたら、

「あー。たまにいるよね、どんなことしてもできない子


え~;;;;;


特にラブは、楽しいことが頭の先に立っちゃって、用足しのことなんて頭にない子もいるらしい。
出ちゃう時、出したい時に、そこへ出す。みたいな感じなのか?

なんだよソレ。

まさにトイレトレーニング中の幼児じゃないか!
でもまあ、頭の中が2~3歳児だと思えばわからないこともない(笑)

でも問題は、そこを平気でぐっちゃぐっちゃと踏みしめて歩くソフィーさんなのです!
その足であちこち色々歩き回ってそこら中オブツだらけ_| ̄|〇

それはマズイということで、ソフィーは現在トイレ←→小屋間を往来できる程の長さで、
リード生活をしているのでした。

ウッドデッキの上ではおトイレしないので、現在リードフリーを目指して、
ウッドデッキの拡張・フェンス取り付け案を旦那様と協議中(泣)

思い切ってサンルームにしちゃおうよ!

と旦那様に言ったら、宝くじ当てろと言われました。
狙うはグリーンジャンボです。←マジです。

拍手[2回]

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"shino" WROTE ALL ARTICLES.